ストレスを予防するメンタルヘルス対策で人材を育てて活かす企業をサポート

「労働安全衛生法」が改正され、ストレスの予防対策を取っていますか?

2015年12月より、従業員数50名を超える事業場はストレスチェックが義務化され、メンタル不調者の早期発見・早期治療などの事後対処ではなく、ストレスの予防が重要となります。 メンタルヘルス不調者、休職者へかかるコストは一人当たり約1,000万円(年収300万円の社員が1年間休職した場合の試算額)と言われています。
社員のストレスを予防し、「人材を育てて活かす働きやすい職場」を作ることは、生産性が上がるだけでなく、コスト削減を生み出します。

ストレスチェックと「研修の森」の組み合わせで
こんな効果があります!

ストレスチェック前のメンタルヘルス対策
PAGE TOP